コンピュータ系コース

コンピュータ系 情報処理プログラムコース2年

ネット社会でいち早く活躍するため、最短でプログラマを目指す。

IoTやAIなどIT技術が急速に発展している一方で、人材不足という課題も抱えているコンピュータ業界。このコースでは基礎からしっかり学び、現場ですぐ発揮できる実践力を身につけ、業界の即戦力となる人材を育てます。

情報処理プログラムコース

将来目指す仕事

オープンキャンパスに行ってみよう!

疑問や不安を解消できる個別相談会、体験授業など。広コンを存分に知ることができます。(交通費補助制度あり)

オープンキャンパス

[交通費補助制度]※交通費補助対象者は参加者ご本人のみです。※保護者様やご家族、付添いの方、出願済みの方は交通費補助対象外となります。※公共交通機関利用分の片道分相当を補助いたします。※原則、イベント2日前までにご予約の方が対象です。※オープンキャンパス終了時に現金にて支給いたします。※交通費補助に際しては、下記のいずれか一方のご提示が必要です。・住所の記載がある身分証明書(生徒手帳、学生証、運転免許証など)・利用された交通機関と交通費が確認できるもの(定期券、チケット控え、領収書など)

2年の学びでも、幅広い場所で活躍できる(一例)

プログラマ

プログラマ

Javaなどプログラム言語を自在に操り、システム開発を行います。開発の最前線に立ってまだ世の中にないシステムを作りあげていきます。

設計

システムエンジニア

設計から開発、保守サービスまで、システムの全てに携わります。お客様の要望を伺いながら最適なシステムを提案していきます。

Webエンジニア

Webエンジニア

WebサイトやモバイルサイトのWebアプリケーションを開発するスペシャリストとして活躍できます。

一般企業のシステム運用・管理部門

一般企業のシステム運用・管理部門

システム管理者として企業システムの運用や開発に携わります。ビジネスをシステム面から支えるやりがいのある仕事です。

コースの強み

最短距離でプログラマになれる

2年でIT社会の即戦力となるスキルが身につく
初心者でも2年間でプログラマとしての技術が身につく独自のカリキュラムが広コンにはあります。仕事に直結する密度の濃い学びだから短期間でも社会で活躍できるスキルが身につきます。

即戦力の武器となる資格取得

「基本情報技術者試験」半年合格を目指す
「基本情報技術者試験」は一定の条件をクリアすると午前試験が免除。合格にグッと近づきます。早い人はなんと入学半年。自信は、次の資格取得にもつながっています。

カリキュラム

教科名 概要 形式
1年次…基礎を定着させ、学びの土台をつくる 実習 座学
ネットワーク基礎 ネットワーク全般に対する基本的な知識を身につけます。  
OS基礎 OSに関する基礎知識を学び、コンピュータに対する理解を深めます。  
ハードウェア・ソフトウェア ハードウェア・ソフトウェアに関する基礎知識を学び、コンピュータに対する理解を深めます。  
情報処理演習 国家資格である基本情報技術者試験の取得を目指して、試験対策を行います。  
セキュリティ セキュリティに関する基礎知識を学び、コンピュータに対する理解を深めます。
 
情報処理活用 国家資格である基本情報技術者試験の取得をより確実なものにするため、理解を深めていきます。  
データベース実習 RDBMSのMySQLを使用して、データベースの仕組みや利用方法を学びます。  
プログラミング Javaなどのコンピュータ言語を基礎から学び、実習を通して実践的にスキルを身につけていきます。  
表計算実習 表計算の基礎を養い、検定合格できる実力を身につけます。  
職業指導 就職活動に必要な適性テスト、面接などの基礎知識を学びます。  
ビジネス実務 礼儀や言葉使いなど、社会に出て必要となるビジネスマナーを身につけます。  
2年次…社会で通用するスキルを磨く  
OS実習 高度なネットワークシステムや、クラウドサービスを利用したシステムを構築します。  
Webプログラミング ネットワーク・データベースの専門知識を学び、ネットワーク上の情報を意識しながら、サーバ側とクライアント側で動作するプログラムを開発します。  
システム開発 基本設計からプログラミング、テストまで全ての工程を行いシステム開発を実践的に学びます。  
データベース実習 MySQLやSQL Serverを使用して、データベースの応用スキルを磨きます。  
プログラミング Javaなどのコンピュータ言語の応用知識を身につけ、実習を通してスキルを磨きます。  
ハードウェア ハードウェアに関する高度な知識を身につけ、コンピュータへの理解をさらに深めていきます。  
ソフトウェア ソフトウェアに関する高度な知識を身につけ、コンピュータへの理解をさらに深めていきます。  
情報処理演習 国家資格である「応用情報技術者試験」の取得を目指し試験対策を行います。  
表計算応用 ExcelVBAを利用して表計算ツールの作成方法を学びます。  
アプリケーション応用 簡単なwebサイトの制作やAccessを利用したアプリケーションの開発を行います。  
職業指導 業界研究や履歴書の書き方、面接指導など、一人ひとりの就職活動をサポートします。  

※これは2020年度の抜粋です。カリキュラムは変更する場合があります。

時間割

 
1時限
9:00~10:30
プログラミング   システム開発 Web
プログラミング
職業指導
2時限
10:40~12:10
プログラミング   システム開発 Web
プログラミング
情報処理演習
3時限
12:50~14:20
OS実習 データベース
実習
  ハードウェア 情報処理演習
4時限
14:30~16:00
OS実習 データベース
実習
  ソフトウェア  

※これは2年次後期の例です。時間割は変更する場合があります。※時期に応じて空きコマに対策授業が入る場合があります。

目指せる資格

  • [国]応用情報技術者試験
  • [国]基本情報技術者試験
  • [国]情報セキュリティマネジメント試験
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • ビジネス能力検定ジョブパス etc...

国家資格の午前試験が免除に!

広コンの所定のカリキュラムを履修するか、情報処理技術者能力認定試験を取得後、所定の講座を受講し、修了認定試験に合格することにより、国家資格の基本情報技術者試験の午前試験が免除されます。

ページの
先頭に戻る