• 募集要項
  • 募集学科・学費/授業料減免制度

募集学科・学費/授業料減免制度

募集学科

学科 コース名 年限 性別 定員
情報システム科 ネットワークエンジニア 3年 男・女 80
システムエンジニア
ゲームクリエーター
情報管理科 情報処理プログラム 2年 男・女 60
オフィスビジネス
ゲームプログラム
ゲームCG
Webデザイン
ビジュアルデザイン科 グラフィックデザイン 2年 男・女 70
イラスト
音響技術

コース一覧はこちら

出願方法一覧

本校では、受験生それぞれにあった入試の方法があります。


 
出願の種類 一般入学<AO> 一般入学 推薦入学
出願資格 AOエントリー後、『AOエントリー出願許可証』を取得済みの方で、本校を第一希望とする方 入学時に18歳に達する方在籍高等学校からの推薦が受けられる方
併願制度 × ×
選考方法 AOエントリー後の面談 書類審査
適正試験
面接試験
書類審査
(面接試験を実施する場合があります)
奨学生試験

出願方法<推薦入学・一般入学(AO含む)共通>

全ての出願において、インターネットを利用した出願方法となります。 本校ホームページから「インターネット出願はコチラから」をクリックしてください。ページ下段の「はじめてご利用になる方へ」でアカウントを作成した後、必要事項を入力してください。

学費<2021年度>

入学金 120,000円(全コース共通)

コース名 第I期(入学手続時) 第II期(1年次9月) 年間合計
ネットワークエンジニア 440,000円 440,000円 880,000円
システムエンジニア
ゲームクリエーター
情報処理プログラム
オフィスビジネス
ゲームプログラム
ゲームCG
Webデザイン
グラフィックデザイン
イラスト
音響技術

※ITクリエーター特別奨学金制度
対象コース入学者は初年度10万円の支援がございます。(奨学生制度<本校独自>との併用が可能)

学費納入期限

合格日 入学金 第I期 第II期
10月1日~12月末日の合格者 合格日より7日以内 12月13日まで 1年次9月
(口座振替)
1月6日~1月末日の合格者 1月24日まで
2月1日~2月末日の合格者 3月5日まで
3月1日以降の合格者 合格日より7日以内

【注意事項】

  1. 奨学生試験を受験される方は、奨学生試験の採用の可否により授業料の納入額が変わってきます。納入額が確定した後に授業料のお支払いをお願いします。
  2. 2年次以降の授業料の納入は、進級前の3月と進級後の9月(いずれも口座振替)となります。
  3. 学費は、入学年度の金額が卒業まで適用され、途中で変更することはありません。
  4. 上記のほかに、テキスト代・検定料等の諸経費が必要です
    (諸経費については、下記を参照してください)
  5. 入学金は初年度のみ徴収いたします。
  6. 合格後、マイページから振込用紙を印刷して支払い手続きを行ってください。合格者には。マイページ上の入学案内で学費納入期日をお知らせします。
  7. 入学金・年間授業料は指定された期日までに納入してください。
  8. 指定された期日までに納入されない場合は、合格を取り消すことがあるので注意してください。
  9. 入学する年の3月31日までに入学辞退した場合、納入済みの授業料は全額返還いたします。
    (※入学金、併願登録料、選考料、出願書類は返還いたしません。)
    その後に入学辞退した場合は、理由の如何を問わず一切返還いたしません。
  

諸経費

入学に関して学費のほかに、下記の諸経費(実費)が必要となります。

テキスト代(コースにより金額が異なります。) 年間約11,000円~33,000円
検定料(コースにより金額が異なります。) 年間約10,000円~60,000円
学生総合保険料(2019年度実績) 12,170円(2年課程)
17,900円(3年課程)
健康診断費 約3,000円
音響技術コース実習教材費 約30,000円
デザイン実習教材費
◎対象コース
グラフィックデザイン、イラスト、Webデザイン、ゲームCG
約10,000円~20,000円

下記のコースでは、このほかに研修費が必要となります。

ゲームクリエーターコース
ゲームプログラムコース
ゲームCGコース
東京ゲームショウ見学研修
(隔年実施)
約50,000円

諸経費の集金事務を安全に確実に行うため、学校指定金融機関に入学生名義の口座を新規に設け、諸経費の振替(引き落とし)を行います。諸経費の金額・振替時期等については、その都度連絡いたします。

学費減免制度

入学希望者の父母・兄弟姉妹が、上野学園各校のいずれかに在籍、または卒業している場合(専修学校制度が制定された1976年4月以降の入学者で、夜間部生や聴講生、中退者は除く)は、第1期授業料より5万円を免除いたします。(該当者を入学願書所定欄に記入してください。)ただし、他の特典制度と重複した場合は、減免額の大きいほうでの採用となります。

奨学生制度<本校独自>

この制度は、高等学校での資格取得や各種活動、地域の活動への積極的な取り組みなどを評価し、将来社会に貢献する意欲が旺盛な方を採用し、在学中の授業料を軽減する制度です。

出願資格 一般入学(AO)・推薦入学・一般入学出願者のうち『奨学生試験』を希望する方
免除額 A種 20万円×修業年数 2年課程40万円 3年課程60万円
B種 10万円×修業年数 2年課程20万円 3年課程30万円
C種 5万円×修業年数 2年課程10万円 3年課程15万円
D種 5万円×1年 一律 5万円※
 

※一般入学<AO>出願者で奨学生制度<本校独自>を受験された方はD種での採用が確定します。(ITクリエイター特別奨学金制度との併用が可能)


  • 奨学生定員:募集定員の15%程度
  • 進級時に免除額の再審査があります。
  • 次のいずれかの場合には支援打ち切りとなる事があります。
    ●GPA(平均成績)等が下位4分の1となった場合(斟酌すべきやむを得ない事情がない場合)
    ●出席率が8割以下など、学習意欲が低いと判断された場合
  • 次のいずれかの場合には支援打ち切りとなる事があります。また、その態様が著しく不良であり、懲戒による退学処分など相応の理由がある場合には支援した額を返還していただく場合があります。
    ●退学・停学の処分を受けた場合
    ●修業年限で卒業できないことが確定した場合
    ●出席率が5割以下など、学習意欲が著しく低いと判断された場合
  • 奨学生として選考に漏れた場合でも入学できます。(再受験の必要はありません)
  • 何らかの事情で学校を続けることができなくなった場合、次年度以降の減免は行いません。
  • 本校指定の資格取得者については、評価時に加点を行います。詳細はOC等で説明します。
    出願時に合格証のコピーを提出してください。
申込期間 2020年10月1日(木)~2020年10月6日(火)
選考日 2020年10月17日(土)
選考方法 面接・書類審査・筆記試験(自己PR文)
申込方法 インターネット出願時に奨学生試験の受験を「希望する」を選択

他の減免制度と重複した場合は、減免額の大きいほうでの採用となります。

<緊急支援>給付型支援制度(本校独自)

7/1(月)より受付スタート!修学支援新制度の支援を受けられない方を支援!

申込資格 ⓵推薦・一般入学で10/6(火)までに出願される方。
⓶高等教育の修学支援新制度(授業料等の減免、給付型奨学金)の支援を受けられない方。
申込期間 2020年7月1日(水)〜2020年9月4日(金)※消印有効

種類・免除内容・採用人数

     
種類 免除内容採用人数
甲種 授業料200,000円免除(1年次第II期より)10名程度
乙種 授業料100,000円免除(1年次第II期より)30名程度

申込方法

学費免除制度
申込書
下記ボタンよりダウンロードして印刷してください。

学費免除制度申込書ダウンロード

住民票
(マイナンバーなし)
本人を含む同一生計を営む世帯全員分
収入に関する
書類
世帯全員分の所得証明書(源泉徴収の写し、確定申告の写し、所得証明書など)
※収入のない方(専業主婦等)も所得証明書を提出して下さい。
※出願者本人を含む学生・生徒のアルバイト収入は必要ありません。

審査方法

上記申込書類から家計状況を審査のうえ、本校の定める審査基準により選出されます。

採用結果通知

2020年9月11日(金)発送予定
※本制度の採用結果が、入学試験の合否に影響することは一切ありません。
※本制度採用後に、高等教育の修学支援新制度の支援が確定された方は、本制度は採用取消となります。

正式出願

⓵出願期間:2020年10月6日(火)締切
⓶出願書類に、本制度採用時の通知を添付


コロナウイルスの影響も有り、上級学校への進学を目指す生徒さんの中には、潜在的に支援が必要な方が増加すると予測されます。国の修学支援新制度(授業料等の減免・給付型奨学金)の支援を受けられない方で、経済的なご事情により進学を迷われているご家庭がおられましたら、本制度をご検討頂ければ幸いです。

奨学金

<日本学生支援機構 奨学金概要>
本校では、日本学生支援機構の奨学金制度を利用することができます。
入学前の【予約採用】にお申込みされることをお勧めします。
(入学後の在学採用にお申込みされることもできます)
※予約採用に関するお問い合わせは在学する高等学校等の奨学金担当窓口へ


  

【日本学生支援機構 奨学金概要】(返済義務あり)

種類 第一種(無利子)奨学金 第ニ種(有利子)奨学金
貸与型
要返還
自宅通学(月額) いずれか選択
20,000円・30,000円・
40,000円・53,000円
いずれか選択
20,000円・30,000円・40,000円・
50,000円・60,000円・70,000円・
80,000円・90,000円・100,000円・
110,000円・120,000円
自宅外通学(月額) いずれか選択
20,000円・30,000円・
40,000円・50,000円・
60,000円
<申込基準あり>
入学時特別
増額貸与
入学時特別増額貸与奨学金(有利子)
入学後、奨学金の初回振込時に一時金として貸与を受けることができる
(入学時特別増額貸与奨学金だけの申込はできません)
いずれか選択
100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円
※給付型奨学金との併給 可 ※申込基準等は、日本学生支援機構HPにてご確認ください。
日本学生支援機構
貸与期間 貸与開始月から在籍する学科の修行年限が終わるまで
審査基準 人物・学力・家計を日本学生支援機構の審査基準に基づいて審査・決定・採用
返済期間 貸与終了後、約10~20年の期間内で月賦返還、または、併用返還(貸与額により異なる)
ページの
先頭に戻る